閉じる×
鷽替え神事

令和3年初天神

本年は新型コロナウイルスの影響で参拝者が例年より大幅に少なく、「鷽」の数に余裕があり、外出自粛されている方からのご要望がたくさんございますので、しばらくの間は「鷽」の授与を続けます。

木鷽 大700円 小500円

古来より、天神さまゆかりの鳥として親しまれている「鷽」(うそ)は、首からほおにかけて美しい紅色で頭と尾が黒く、背や腹はネズミ色の小鳥です。
平素私達が知らず知らずのうちに使う「嘘」を、天神さまの「まこと」に替えていただき、正しい幸運を招く意味から初
天神の1月25日に、この鷽鳥を木彫りにした「鷽」を新しい「鷽」と取り替える神事が「鷽替え神事」です。
もともとは、神棚に供えておいた「鷽」を「替えましょう」「替えましょう」と呼びかけて、手から手へ、取り替えてゆき、凶事をうそにして、幸運に替えることを念願して行われたもので、江戸時代はじめから始まったと云われています。
現在では、凶事をうそにして幸運に替える開運、除災招福のお守りとして多くの方が受けられます。

※例年通り「鷽」は予約や取り置き及び郵送は行なわない予定です。





閉じる×

Copyright Yushima Tenmangu All Rights Reserved.